MENU
管理人厳選!おすすめVRAV50選

2023年おすすめVRAV50選

【2023年版】VR AVに一番オススメなVRゴーグルとは?

アダルトVR(VRのAV)を見るのに最適なゴーグルはMeta Quest2だったのですが、2022年8月から大幅に値段が上がってしまいました。

128G 37,180円→59,400円
256G 49,280円→74,440円 ※税込み

今までは正直、ぶっちぎりでMeta Quest2がコスパに秀でていたので、迷うことなくオススメできましたが、今回の値上げで大分、状況が変わりました。

そこで、この記事では主にFANZA(旧DMM.R18)でエロVRを見るためのVRゴーグルの選び方や、オススメを今後の状況を踏まえて考察してみました。

社名の変更に伴い、Oculus Quest2→Meta Quest2に製品名が変わりました。そのため記事内の表記もOculus Quest2からMeta Quest2に変更しています。なお、スペック等の中身は一切、変わっていません。

この記事の対象者
  • FANZA(旧DMM.R18)でエロVR動画を見たい人
  • VRAV目的で初めてVRゴーグルを購入する人
  • ゲームには興味が無くVRのAV視聴のためにゴーグルを選びたい人
管理人のVRAV歴
  • 2018年後半頃からVRAVにはまり出す
  • 主なVRゴーグル使用歴はスマホ→Oculus Go→Quest2
  • これまで視聴したVRAVは1000本を軽く超える
目次

VRゴーグルの種類

まず初めにVRゴーグルの種類を簡単に紹介します。

VRゴーグル(※ヘッドマウントディスプレイと呼ぶ場合も)は、様々なタイプが販売されていますが、大まかに以下の4タイプに分けられます。

  1. スマホタイプ
  2. スタンドアローンタイプ
  3. PC接続タイプ
  4. Play Station接続タイプ

それぞれの特徴を簡単に紹介します。

スマホタイプ

普段使っているスマホをゴーグルに取り付けるタイプです。

現状、最も手軽・安価にVRを体験できる方法で、価格は数百円程度から高いもので2~4000円程度が中心です。

スマホの画面をレンズを通して見ることによって立体視させるという、ある意味アナログな仕組みになっています。

また、スマホゴーグルには以下のようなメリット・デメリットがあります。

  1. 安価で購入できる
  2. ワイヤレスで使用できる
  3. FANZAを始め主要VRAV配信サイトに対応
  • 操作性が悪い
  • ゴーグルの品質が全体的に低い
  • 画質はスマホのスペック次第

気軽に試せるという点では、スマホVRが一番優れています

一方で、スマホゴーグルそのものの品質は値段相応で、例えばコントローラーが効かなかったり耐久性が無かったりと、全体的に品質が低いです。

また、スマホの画面解像度に画質が大きく左右されることにも注意して下さい。

管理人

元の動画が高画質でもスマホ自体の解像度が低ければ、画質は悪く見えてしまいます。

スタンドアローンタイプ

Meta Quest2に代表されるスタンドアローン型

スタンドアローンタイプは、名前の通り単体かつコードレスでVR体験ができる一体型デバイスとなっています。

スタンドアローンの代表的な製品は、何と言ってもMeta Quest2です。

Meta Quest2は全世界で1500万台以上売れており、ぶっちぎりで史上最も売れたVRゴーグルとなっています。

現在、Metaの最新機種はMeta Quest Proですが、価格は¥226,800でクリエイター向けでした。今回は一般消費者向けに絞って記事を作成しています。

他社だとPICO(ピコ)シリーズが唯一、対抗できる勢力して居る位で、実質Metaの独占状態とも言えます。

PicoシリーズもスタンドアローンではFANZAが見れないので、現在でもMeta Quest2が最も有力です。

PICO 4について

公式サイトで詳細を見る

Picoシリーズ最新機種のPICO4が2022年10月に発売となりました。

Meta Quest2とほぼ同程度のスペックで¥49,000とMeta Quest 2より約1万円安いです。

ただし、今作もDMMアプリがインストールできないので、単体でFANZAを見ることが出来ません。

有線接続してPCVRとして使用すれば、PC上にDMM動画アプリをインストールして視聴することが出来ます。最近はこのようにスタンドアローンだけど、有線接続も出来てPCVRとしても使えるタイプが増えてきています。

その他、YoutubeやPrime Video、NetflixなどMeta Quest2ではインストール可能なアプリも現状、無い状態です。

つまりスタンドアローンとしてはソフトウェアの面で、大分差があることになります。※遊べるゲームも同様

これらを踏まえると、値段差はあってもMeta Quest2の方を選んだ方が無難な選択と言えます。

他にもarpara(アルパラ)などといった中華製品がありますが、不具合やアフターサポートの観点から、総合的にオススメできるレベルではないと判断し省いています。また、Lenovo Mirage Solo、DPVR-4DなどもMeta Quest2より大きくスペックが劣り、その上FANZAが見れないので検討する価値はありません。

初代QuestやOculus Goはどうか?

では、すでに販売終了となっている初代Questや廉価版のOculus Goの中古はどうかと言うと

  1. 格安で購入できる(一万円以下など)
  2. 返品・動作保証が付いている
  3. 状態が良い

これらの条件が揃っていれば、検討しても良いと思います。

ただ、基本的には新品のMeta Quest2を購入する方がオススメです。

Meta Quest2は主に以下の点で、旧機種を上回っているからです。

  1. 画質(解像度の向上とSDEの減少) ※SDE:画面上に網目のような格子が映る現象
  2. 全体的な動作の軽さ
  3. 8K画質のVRAVが見れる ※旧機種だとスペック的に無理
  4. 音質
  5. 発熱
  6. DMMVRアプリのアップデートが頻繁に行われ機能が多い

今の日本のVRAVの画質ですと、そこまでMeta Quest2と旧機種との違いはないです。

ただし、将来的なことも含め、総合面では、やはりQuest2の方を選んだ方が無難ではあります。

Oculus GoのDMMVRアプリは2020年12月以降はアップデートされなくなりました。そのため、新機能の色味調整が使えません。今後もこのようなケースは増えてくると思います。

PC接続タイプ(PCVR)

パソコンとゴーグルを有線で接続しながら使用するタイプです。

結論から言いますと、PCVRはVRAVを見るには不向きであると考えられます。

理由としては

  • 有線接続のため体勢(姿勢)の自由度が低くオナニーの邪魔になる
  • セッティングが面倒
  • 値段が全体的に高額

つまり、値段が高いにも関わらず、VRAV視聴では優位性が余り無いのです。

また、動作がパソコンのマシンパワーに依存しますので、グラフィックボードが搭載しているゲーミングPCのような、ある程度のスペックが求められます。

OSwindows10
CPUインテル® Core™ i7 /AMD Ryzen 5 以上
グラフィックカードGeForce RTX 2070以上
メモリ16 GB RAM 以上
PCVRを快適に使用できる一例

もちろん設定を下げれば、これ以下のスペックでも使用自体は出来ますが、画質が犠牲になったり(※主にゲームにおいて)画面がカクつくなど動作が不安定になる場合があります。

逆に、もっとスペックを上げて、例えばグラボをRTX3070以上にすると、より快適な動作で利用が可能となります。

PCVRの代表的な機種

PCVRは過去様々なメーカーから出ていますが、代表的な四機種を紹介します。

※価格は全て税込み。定価を表記していますが、セールで値下げされることもあります。

このように全体的に高額ですが、PCVRの中ではHP Reverb G2が一番、値段とスペックのバランスが良いです。

なお、2019年位まではOculus RiftSがPCVRの圧倒的な第一選択肢でしたが、現在は販売を終了しているので、今回のリストには含めていません。

正直な感想を言うと、特にVRAV視聴において、ここまで高額なゴーグルを買う価値は余り無いと思います。

と言うのも、フレームレートや解像度などMeta Quest2に勝る部分も当然ありますが、VRAVでは現状、オーバースペック気味です。

管理人

VRAVにこの金額はコスパが悪すぎる...有線だし

結論、VRAVを見るだけならMetas Quest2の手軽さには到底及ばないので、基本的には選択肢から外しても大丈夫です。

また、2023年中にはPSVR2やQuest3を始めとする次世代機が続々と市場に出回ることから、焦って購入する必要はありません。

Play Station接続タイプ(プレステVR)

プレステ(ゲーム機)と有線接続して行うタイプのゴーグルです。

PSVRは、DMM(FANZA)アプリを本体にインストール後、DMMアカウントでログインするだけで見ることが出来ます。

ですが初代は既に生産が終了していて、中古でしか入手できない状況です。

管理人

特に今から購入する価値は無いと思います

PSVR2について

2023年2月22日にPSVR2が発売されることが決定しました。※価格は税込みで74,980円

基本的には既にPS5を持っている人で、なおかつ目的のVRゲームがある場合に検討するべきデバイスだと思います。

プレステ5の本体代5万円と合わせると、かなり12万円超えと、かなり高額です。

パネルは有機ELで解像度も高いことから、良い画質で見れることは間違いないですが、有線接続のデメリットもVRAV視聴ではあります。

「Horizon Call of the Mountain」や「バイオハザード ヴィレッジ」などPSVR2でしかプレイできないゲームが一番の目的である人が購入を検討するデバイスではないでしょうか。

DMM(FANZA)アプリのPSVR2対応について

PSVR2でFANZAのVRAVを見るには、PSVR2にDMM.comアプリをインストールする必要があります。

現時点で、まだ公式なアナウンスはありませんが、対応予定とのことです。

初代PSVRの時は、PSVRから半年後くらいにDMMが対応したので、若干のラグはあるかもしれません。

後々、対応されることは確実だと思いますが、発売日にPSVR2を購入予定の方は注意して下さい。

VRゴーグルを選ぶ時に見ておきたい5つの重要項目

VRAV目的でVRゴーグルを選ぶ際に、知っておきたい重要項目について簡単に説明します。

スペックの見方とも言えますが、大まかでも良いので抑えておきましょう。

実際には、これ以外にも重量・音質・コントローラー・装着感など多岐に渡りますが、実際に使ってみないとわからない部分が多いので、とりあえず大事な所だけ抑えておいて下さい。

DMMVR動画プレイヤーアプリがインストールできるか

DMMで詳細を見る

まず最も重要なことはDMMのVR動画用アプリがインストール可能かどうかです。

なぜこれが重要かと言うと、VRAVの大半はDMM(FANZA)から配信されているので、DMMでしか見れない作品も非常に多いです。

管理人

人気メーカー、人気女優は大体FANZA独占です

なのでVRAV視聴には実質、DMMVRアプリのインストールが必須とも言えます。

スマホを始め、大体のデバイスではインストール可能ですが、一部の機種では出来ないこともあるので、注意して下さい。

  • スマホ iOS / Andorid
  • Oculusシリーズ全て
  • PCVR ※アプリをpcにインストールする形
  • PSVR
  • PICOシリーズ
  • Lenovo Mirage Solo、DPVR-4Dなど

特にスタンドアローン型を選ぶ際には、この点について十分に調べてから購入することをオススメします。

解像度

皆さんが購入前に最も気になるのが、VRゴーグルの画質がどれ位、綺麗なのかだと思います。

これは実際に見てみるまで分からない部分も多いのですが、数値上である程度の判断は可能です。

スマホ用VRゴーグルスマホの画面解像度に依存
Oculus Go1280×720
Oculus Quest1440×800
Meta Quest 21832×960
PSVR22000×2040
PICO 42160×1080
HP Reverb G22160×2160
VRゴーグルによる解像度の違い(片目換算)

解像度とは?

画質に関わる最も重要な項目です。

現在の最新機種の解像度を見ると、大体2K前後(片目あたり)が多くなっています。

高ければ高いほど、もちろん理論上、画質は良くなりますが、VRAVの視聴に関して言えば、現時点では元動画の解像度が十分ではないので、実際は数値ほど差を感じません

管理人

例えばMeta Quest2とPSVRでは解像度がQuest2が倍程度多いですが、そこまでの違いはありません ※VRAV視聴の場合

現実的には、Oculus Goの1,280×1,440程度あれば、現在のVRAVを見るだけなら悪くはありません。

スマホVRの場合は、機種ごとの画面解像度が、そのまま反映される形となりますので、4Kなど高解像度を売りにしているモデルの方が有利です。

目安としては、最低でもiPhone X(1,125×1,218※片目換算)以降の解像度くらいは欲しい所ですね。

また、解像度を表す単位としてPPI※1インチあたりの画素数が公表されている機種もあります。

PPIは画素密度を表す数値なので、こちらも高ければ高い程、高画質が期待できます。

パネル(ディスプレイ・レンズ)の種類

VRゴーグルに使用されているパネル※ディスプレイやレンズと呼ぶ場合もはテレビやスマホと同じようにイメージして貰って大丈夫です。

例:TN液晶は反応速度が速い、EL液晶は発色が綺麗など。

種類によって得手不得手があり、中々どれが一番、綺麗だと端的に断言できないのが現状です。

管理人

そして、もちろん同じ有機ELでもピンキリです。。

ただし、次世代機ではOLEDマイクロディスプレイが採用され始め、現状はこのOLEDマイクロディスプレイが最強(?)かなと個人的には感じています。

なので購入前に解像度のチェックと同時に、このパネルの種類についても見ておいた方が良いと思います。

瞳孔間距離や焦点距離の調整機能

個人によって差がある部分を調整してくれる機能です。

この調整機能があると、焦点が合わなかったり、映像が二重に見えてしまうことを軽減することが出来ます。

ある程度、多くの人が大丈夫なようにレンズが設計されていますが、調整機能があった方が、もちろん良いです。

スマホ用VRゴーグルスマホによる
Oculus Go無し
Oculus Quest無段階
Meta Quest 2三段階
PSVR2無段階
PICO 4無段階
HP Reverb G2無段階
VRゴーグルによる調整機能の違い

PSVRとOculus Rift Sはデバイス側ではなくソフトウェア側で調整できる機能になっています

スマホVRゴーグルにも調整機能があるモデルと無いモデルが混在しているので、チェックしておいた方が良い項目です。

視野角

視野角は没入度に大きく影響しますので、重要な項目です。

市場に出ているVRゴーグルを見てみると、大体100°~115°位の製品が多いです。

もちろん広ければ広いほど良いですが、最低でも100°以上あることだけは確認しておきましょう。

スマホ用VRゴーグルスマホによる
Oculus Go110度
Oculus Quest100度
Oculus Quest 2110度
PSVR2110度
PICO 4110度
HP Reverb G2114度
VRゴーグルによる視野角の違い

実際には装着感等も影響してくるので、スペック表通りに体感できるとは限りません。

リフレッシュレート

スマホ用VRゴーグルスマホによる
Oculus Go60Hz
Oculus Quest72Hz 
Meta Quest 290Hz ※将来的に120Hzになる予定
PSVR2120Hz
PICO 472Hz, 90Hz
HP Reverb G290Hz
VRゴーグルによるリフレッシュレートの違い

リフレッシュレートとは、簡単に言うと一秒あたりに描写できるコマ数のことで、通常、単位をHz(ヘルツ)で表します。

数値が大きければ大きいほど映像がヌルヌルに見え、逆に少ないとカクカクに見える、のようなイメージです。

ゴーグルごとに、リフレッシュレートは異なりますが、現在の主流は60~90Hz程度となっています。

ただし、今のVRAVのフレームレートは60で作られているため、VRAVのみであれば余り気にする必要はありません。

将来的に8KのVRAVも配信されると思いますが、フレームレートは60のままだと思います。

結局エロVR視聴にオススメなゴーグルは?

市場には沢山のVRゴーグルが売られていますが、アダルトVR目的なら割と絞りやすいです。

オススメを3機種(タイプ)紹介します。

予算に余裕があるならMeta Quest2がおすすめ

Amzazonで詳細を見る

以前は圧倒的にMeta Quest2がオススメと言えたのですが、大幅に値上がりした今は、そこまでコスパが飛びぬけた機種では無くなりました。

ただ、値上がりした現在でもQuest2以上にバランスが良いスタンドアローン(無線モデル)が市場に無いので、消去法でQuest2になります。

Quest2はとにかく楽なんです。

エロVR視聴したい時に煩わしい操作が一切無く、電源入れてアプリを立ち上げればいいだけですから。

管理人

他の機種だとそれが出来ないんです。。

あとは、楽しめるコンテンツの量や幅が広いことも大きなメリットです。

結局、MetaがVR界で最大のプラットフォームなので、ゲームにしろ動画にしろコンテンツの量が他社と大きく異なります。

だから値段が上がっても、なお無難な選択肢であることは間違いありません。

なお以前はFacebookアカウント必須でしたが、現在は必要なくなりましたので、その心配は無くなりました。

2022年7月追記

2022年8月からFacebookアカウントを使用しなくてもログイン出来るようになりました!

参考:Metaアカウントのご紹介: VRでの新しいログイン方法

安く体験したいならスマホVRゴーグル

エレコムVRG-X02PGEをAmazonで見る

お試しという意味では、スマホVRゴーグルは最適です!

まずは安くVR体験をしてみたい人はスマホタイプのゴーグルをオススメします。

特にスペックや解像度が高めな新しめのスマホを持っている人は、そこそこの画質でVR体験が可能です。

ちなみにスマホVRは中華製の品質が怪しい商品が多いので、エレコム(日本製)の、 VRG-X02PGE をオススメします。

実際に買って使って見ましたが、値段(2000円強+DMMで使える1000ポイント付き)の割に品質がしっかりしていました。

詳しくは以下の記事でレビューをしています。

中古のOculus Go

既に販売終了しているOculus Goですが、中古市場には比較的、安価で出回っています。

メルカリで出品されているOculus Go

本来、VRゴーグルを中古で買うのは推奨しないのですが、これ位の金額なら選択肢に入れる価値はあるかもしれません。

以下の記事でも書きましたが、VRAVの視聴のみに限るとGoとQuest2ではそこまで大差は無いからです。

ちなみにQuest2の中古は値上げの影響もあってかなり高額で取引されています。

正直、流石に高すぎると感じますので、私なら選択肢に含めません。

メルカリで取引されているQuest2

次世代機は?Meta Quest2を今から買っても損しない?

現在、VRゴーグルは様々な会社が積極的に開発しています。

その中でも特に注目されている代表的な機種は以下の通りです。

  • プレステVR2 ※2023年2月発売
  • アップルのAR/VRゴーグル ※2023年発売予定
  • Metaの「Meta Quest3」※2023年発売予定
  • パナソニックのVRグラス「MeganeX」※2023年3~4月頃発売予定税込み25万円

Metaの最新機種はMeta Quest Proですが、価格は¥226,800と一般消費者向けではありませんでした。

全体的な傾向としてハイエンド志向であることが伺えます。

なので、これから出る主なVRゴーグルはMeta Quest3を除くと、もう少し高い価格帯で売られるようです。

なので今からMeta Quest2を購入すると大損してしまう、ということは無いと思います。

管理人

Quest3が出るタイミングにもよるので、そこだけ注意ですね

一般向けのMeta Quest3が2023年中に出るのは濃厚で、価格も300~500ドル程度と予想されています。

やはりMeta社としてはハードは安く売って、ソフトで利益を出す方針を続けるようです。

まとめ:現状はMeta Quest2がオススメだが様子見もあり

現状、私の考えをまとめると

  • 予算が許されるのであれば、今でもMeta Quest2が一番無難
  • 安価で済ませたい人はスマホVRか中古のOculus Go
  • Meta Quest3の発売を待ってから検討するのもアリ

結局の所、今はMeta Quest2が値上がり後の金額でも、オススメ自体はできます。

ただ、以前のようなコスパに優れたモデルでは無くなってしまったので、他の選択肢を考えても良いでしょう。

おそらく2023年中にはMeta Quest3を含め、より多くの機種が市場に出揃うでしょうから、そこまで待つこともアリだとは思います。

管理人

ゴーグルを買ったら是非、FANZAでVRAVを見てみて下さい。

オススメ作品は以下の記事でまとめました。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次