【FANZA】10円動画セール開催中!【1月29日(金)10:00まで】詳しくはこちら

天井特化アングルVR ~田中ねねには勝てん~をレビュー

KMPの大人気シリーズに田中ねねが登場。

見た感想としては、このシリーズの中でも良く撮れている方だと思います。

それでは早速、詳しくレビューしていきます。

タイトル

天井特化アングルVR ~田中ねねには勝てん~

商品発売日: 2020/12/11
収録時間 : 82分
出演者  : 田中ねね
メーカー : ケイ・エム・プロデュース

目次

チャプター1:介抱シーン→仰向けになって手コキなど

倒れている所を介抱して貰うという設定。ですが、過去シリーズ同様、ストーリー性は薄目です
早速、仰向けアングルになって
おっぱいアップ
ズボンを降ろしたら
手コキ
唾垂らし。この作品は唾垂らし、ここ以外にも何回かあります
何故かオナホでシコシコされ
上裸に
垂れ下がるおっぱいが目の前に
顔ちか手コキで
いかされます

チャプター2:フェラやパイズリなど前戯→騎乗位→対面座位→バック→正常位

チャプター2も同じアングルが続きます
真上に来てオナニー
こちらからはマンコにおもちゃをあてます
パイズリ
フェラ
前戯が終わったら
騎乗位で挿入
アングルは結構、多彩な感じで良かったですね
あと騎乗位中の音が最高。めっちゃパンパンします
顔が真上に来る覆いかぶさり騎乗位ももちろん長めに入っています
目の前で互いにぶつかり合うおっぱい
騎乗位の最後は中出しフィニッシュ
続いて対面座位です
ちょっと光当たり過ぎ感はありますが
ベロ出しキス
背面になって
次はバック
このシリーズ恒例の真横に大きい鏡が設置してあります
最後は正常位
やや覆いかぶさり気味ですが結合部も見えています
個人的にはこの撮り方が理想的なアングルですね
最後は中出しフィニッシュ

チャプター3:ローションパイズリ→手コキ

チャプター3は下着姿で登場
ベロキス
手コキ
パイズリときて
おっぱいにローション塗ります
その状態でパイズリ
仰向けになって
手コキ+素股
最後は顔を見ながら
手コキで発射。このチャプターはセックス無しです

総括

  • 主なプレイ 
    キス・フェラ・パイズリ・乳首舐め・手コキ・手マン・唾垂らし・素股
  • 体位の種類 
    正常位・騎乗位・覆いかぶさり騎乗位・対面座位・背面座位・バック
  • 画質    
  • サイズ感  
  • オススメ度 

画質等について

画質は最近の天井特化シリーズの中でも良い方だと思いました。

サイズ感や色味も基本、問題無いですが、対面座位のシーンだけ光が当たり過ぎて白飛び気味になっています。

内容について

基本的には天井特化シリーズのテンプレ的な流れを踏襲したものになります。

仰向けアングルで手コキやおっぱいが目の前に来たり、唾を垂らしてくれたりと、そんな感じです。

セックスシーンについてですが、騎乗位のアングルが、このシリーズの中でも良い方だと思いました。

理由としては、アングル(=体勢)を微妙に変えてくれることから、色んな表情が楽しめたんですよね。

顔とおっぱい両方、顔アップ、おっぱい至近距離など、バリエーションがありました。

更に騎乗位中の激しいスパンキング音が最高なので音にこだわりがある人にもオススメです。

管理人

騎乗位中は大き目な音でずっとパンパンいってますよ!

まとめ

冒頭でもお伝えしたように内容的には、天井特化シリーズの中でも良い方ですし、田中ねね出演VRの中でも良い方だと思いました。

ただし、今回の田中ねねの髪形はちょっと個人的には余り似合っていなくて、そこだけが残念でした。

それから、この作品だけではないですが、最後のチャプターはローションプレイで超エロいのですが、短くてもいいので挿入シーンがあれば完璧だったと思います。

目次
閉じる