【鷲尾めいVRレビュー】親友のJカップ彼女から誘惑されて朝まで浮気性交に溺れたVR

鷲尾めいは『筧ジュン』から少し前に改名しましたが、メーカーは変わらずエスワン専属のままで今回のVRもエスワンから出ています。

VRは筧ジュン時代を含め三作目ですが、正直言うと三作とも余り大差無いという感想です。

それでは早速キャプチャー画像付きでレビューしていきます。

タイトル

親友のJカップ彼女から誘惑されて朝まで浮気性交に溺れたVR 鷲尾めい

商品発売日: 2020/10/30
収録時間 : 106分
出演者  : 鷲尾めい
メーカー : エスワン ナンバーワンスタイル

目次

チャプター1:電話+会話シーン

チャプター1は電話と会話シーンのみです
電話シーン結構長いです
少し近くに来て会話シーン
チャプター1は9分弱ですが正直見所は無いかと

チャプター2:乳揉みと手マン

チャプタ2も序盤は会話シーン
そのあと近くに来て
乳揉みタイムが始まります。まずは服の上から
後ろから鷲掴み
寝そべらせて揺らし
乳揉みと同時に手マンが入ります
手マン+乳首攻めで顔を紅潮させます

チャプター3:仰向けでフェラやパイズリ

仰向けになって
ここでも乳揉み
乳首舐めがあって
フェラチオへ
そしてパイズリ
パイズリで大量発射

チャプター4:前戯→騎乗位→対面座位→正常位

衣装がパジャマに。場所もベッドに映っています
序盤から手コキ
フェラ
69
クンニ
前戯が終わったら騎乗位で挿入
覆いかぶさって爆乳が目の前に来ます。これは良い光景
真上の視野角も過去作と比べ広めにとられています
騎乗位中も乳揉みが多かったですね
騎乗位の次は対面座位
対面座位は真正面に顔が来るのではなく、顔と胸の中間くらいでした
距離感は良好
少し背面座位の時間があります
最後は正常位
上半身アップの覆いかぶさりからスタートして
後半は少し引き気味のアングルになります
最後はお腹の辺りにぶっかけて終了

総括

  • 画質    
  • サイズ感  
  • 主なプレイ キス・フェラ・パイズリ・乳首舐め・手コキ・手マン・69・クンニ
  • 体位の種類 正常位・覆いかぶさり正常位・騎乗位・覆いかぶさり騎乗位・背面騎乗位・対面座位・背面座位
  • オススメ度 

画質等について

画質やサイズ感については問題ありません。綺麗で見やすいと思います。

内容について

会話と乳揉みシーンが多めで、最後にセックスという流れです。

セックスは最後の一回のみですが、時間自体は22~23分ありますから、割と長めに収録されています。

それと最近のVRには珍しくキスの回数が少な目でしたね。

鷲尾めいについて

名前が変わりましたが、ルックスやコンディションは、ほぼ変わらないですかね。

髪の色が少し明るくなってる位でしょうか。

過去作と比べて

大まかな流れは過去二作とほぼ同じなので、ちょっと新鮮味が乏しいのは事実です。

画質も変わりません。

ただセックスシーンに関しては本作の方が良いです。

騎乗位のアングルや視野角が良くなっているので、おっぱいや顔が見やすくなっています

セックスシーン自体の長さも本作の方が少し長いので、よりじっくり味わえますよ。

まとめ

鷲尾めいはSクラスの女優だと思いますが、VRに関しては若干、淡泊な印象を受けます。

それは全ての作品で感じることです。(契約等で縛りがあるのかもしれませんが。。)

鷲尾めいのせいではなく作品の作り方の問題です

初めて彼女のVRを見るなら本作をオススメできますが、過去作を見てきた人はマンネリを感じてしまう可能性はあると思います。

なので悪くはないですが強くオススメも出来ない感じですね。次作に期待したい所です。

目次
閉じる